新型コロナウイルス感染拡大に伴うお電話が繋がりにくい事象について

ナチュレライフ

新型コロナウイルス感染拡大に伴うお電話が繋がりにくい事象について

ドクター監修

【お医者さんのレシピ】香ばしさが食欲をそそる!塩分量1.1gの「焼き鮭とのりのまぜごはん」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ごはんと相性のいい鮭やのりをまぜるだけ。しょうゆ味でシンプルに仕上げました。
焼き目をつけた鮭の香ばしさや焼きのりの香りで美味しさが引き立つので、塩味が少なくても満足できます。塩分が気になる方も安心して食べられる一品です。

◆焼き鮭とのりのまぜごはん
<材料>(2人分)
ごはん 2膳分
生鮭(切り身) 2切れ
しょうゆ 小さじ2
焼きのり 1/2枚
青ねぎ(小口切り) 大さじ3
白ごま 小さじ1

<PR>

 九州産「美長命青汁」手軽に食後の血糖値対策<機能性表示食品>

<作り方>
1鮭はグリルで8分ほど、香ばしくなるまで焼く。ほぐしてしょうゆをなじませる。
2あたたかいごはんを器に盛り、1、ちぎったのり、青ねぎ、ごまをのせ、まぜる


この記事の監修者

大塚 亮

おおつか医院院長。医学博士。循環器専門医。オーソモレキュラー・ニュートリションドクター(OND)認定医。大阪市立大学医学部附属病院循環器内科、ニューヨーク州 Columbia University Irving Medical Center, NewYork–Presbyterian Hospital、西宮渡辺心臓脳・血管センター勤務を経て、おおつか医院院長に就任。日本内科学会・日本循環器学会・日本抗加齢医学会に所属。

著書:「一生健康サラダ」「脱うつレシピ」「免疫力をあげるレシピ」など。詳細はこちら



このレシピが掲載されている本

「お医者さんが薦めるおいしい減塩レシピ」

著者 大塚 亮

「お医者さんが薦める免疫力をあげるレシピ」や「痩せる朝ごはん」で人気の大塚亮医師の著書第5弾。
現役医師が教える減塩のコツを活かせば、誰でも簡単に美味しく減塩!
主菜や副菜、汁ものからご飯ものまで完全網羅だから毎日しっかり活用できる一冊です。

詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:

レシピタグ:

同じカテゴリの読み物

人気のある読み物

ナチュレライフのお得な定期コースGoodPoint

LINE公式アカウント

\TOP/