Cart

Menu

ドクター監修

2021.08.03

【お医者さんのコラム】ダイエット成功のために見直すべき生活習慣とは?

リバウンドせず理想の体型をキープするためには、
食事制限や食事内容の見直しだけではなく、生活習慣そのものを見直すことが大切です。

私は、ダイエットのために「朝ごはんをしっかり食べる」ということを推奨していますが、
朝ごはん習慣と組み合わせると、さらに効果的な生活習慣をご紹介しましょう。

まずは、睡眠についてです。
みなさんは、毎晩何時に就寝しているでしょうか?
太らないためには深夜12時前には眠ることがおすすめです。
睡眠時間が短かったり、睡眠の質が悪かったりすると、夜に「コルチゾール」というホルモンの分泌が盛んになり、高エネルギーな食べ物を求めるようになります。

お風呂上りにアイスクリームを食べてしまったり、寝る直前までお酒を飲んだりしていると、一気に肥満が加速する恐れがあります。
なぜなら、就寝前は、脂肪を合成する遺伝子が活発になる時間帯。
寝る直前に食べたものは、脂肪になりやすいのです。

食事は眠る3時間前までに済ませるよう心がけましょう。

夜ぐっすり眠り睡眠の質を上げるには、
生活の中に運動習慣を取り入れるのがおすすめです。
食事などでとりすぎた糖質は、貯えきれなくなると脂肪に変わります。
しかし、運動で筋肉を鍛えると消費エネルギーが増え、貯えた脂肪もどんどん消費されていきます。

軽い腹筋やスクワットなどを習慣にするだけで、血糖値コントロールに役立つだけでなく
ストレス解消にもなり睡眠の質も向上しやすくなります。
ポイントは毎日少しずつでも続けること。
三日坊主にならないよう、自分のペースでできることをやってみましょう。

 


この記事の監修者

大塚 亮

おおつか医院院長。医学博士。循環器専門医。オーソモレキュラー・ニュートリションドクター(OND)認定医。大阪市立大学医学部附属病院循環器内科、ニューヨーク州 Columbia University Irving Medical Center, NewYork–Presbyterian Hospital、西宮渡辺心臓脳・血管センター勤務を経て、おおつか医院院長に就任。日本内科学会・日本循環器学会・日本抗加齢医学会に所属。

著書:「一生健康サラダ」「脱うつレシピ」「免疫力を上げるレシピ」など。詳細はこちら

関連書籍

「お医者さんが考えた痩せる朝ごはん」

ダイエットの新常識!
朝食の「セカンドミール効果」で1日の血糖値をコントロール。
痩せたい方、糖尿病を気にする方にぴったりの忙しい朝の時間でも手軽に作れる美味しいレシピ71品をご紹介!詳細はこちら

記事に関連するタグ

同じカテゴリーのコラム

人気のコラムランキング

  • 商品についての記事 新商品の情報
  • お医者さんの健康・美容の記事
  • みるみる健康レシピ

ナチュレライフ Instagram

インスタ画像インスタ画像

ナチュレライフ Facebook

あわせ買いでおトク

5,000円(税抜)以上で

送料無料!

選べるお支払い方法