新型コロナウイルス感染拡大に伴うお電話が繋がりにくい事象について

ナチュレライフ

新型コロナウイルス感染拡大に伴うお電話が繋がりにくい事象について

ドクター監修

【お医者さんのレシピ】バルサミコ酢で抗酸化!ぶりのステーキバルサミコソース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

例年12月~2月は脂の乗ったぶりが出回る時期です。ぶりは鉄分が多く、良質な脂質が含まれます。
そこで今回は和風になりがちな「ぶり」をステーキにアレンジ。
旬のものを食べて、心も体も元気に◎

バルサミコ酢に含まれる濃度の高いポリフェノールは、抗酸化パワー満点。同じく抗酸化作用のあるビタミンEが豊富なぶりと組み合わせれば、頼もしいアンチエイジングメニューになります。皮にもビタミンAやビタミンB2などが含まれているので、丸ごと残さず頂きましょう。
またバルサミコソースはコクがありながらもすっきりした味わい。魚は身が崩れやすいのであまり動かさずにソテーするのがポイントです。
この冬ぜひ試してみてくださいね。

<材料>(2人分)
ぶりの切り身 大2切れ(300g)
にんじん 50g
ブロッコリー 50g
いんげん 4本
かぶ 1/4個
オリーブ油 大さじ1と1/2
塩 少々

バルサミコソース
A.酒 大さじ2
A.みりん 大さじ2
A.しょうゆ 大さじ2
A.バルサミコ酢 大さじ1
A.バター 大さじ1

<PR>

 九州産「美長命青汁」手軽に食後の血糖値対策<機能性表示食品>

<作り方>
①にんじんは1㎝幅の輪切りにする。ブロッコリーは小房に分ける。いんげんは筋を取る。
かぶは葉を切り落とし、皮付きのまま1㎝幅の輪切りにする。
②にんじん、ブロッコリー、いんげんは固めに塩ゆでし、水気を切る。
③フライパンにオリーブ油大さじ1/2を熱して中火にし、①と②の野菜を両面こんがり焼き、取り出し、塩を振る。
④③のフライパンにオリーブ油大さじ1を熱して中火にし、ぶりを両面こんがり焼き、取り出す。
⑤バルサミコソースを作る。小鍋にAを入れ、1/2量になるまで煮詰める。
⑥皿に④をのせてバルサミコソースをかけ、③を添える。

 


この記事の監修者

武田 りわ

タケダビューティークリニック(皮膚科・美容皮膚科)院長。皮膚科専門医。
オーソモレキュラー・ニュートリションドクター(OND)認定医。
「美肌は人を幸せにする」を理念に、西洋医学を基礎とする美容医療に栄養医学を取り入れ、体の外側と内側からのケアを提案している。
肌の老化を治すだけではなく、老けにくい健康な肌作りが得意。日本皮膚科学会・日本臨床皮膚科医会・日本美容皮膚科学会・日本抗加齢医学会に所属。

著書:「美容皮膚科医が教える食べて美肌になる糖質控えめご飯」がある。


このレシピが掲載されている本

「美容皮膚科医が教える食べて美肌になる糖質控えめご飯」

著者 武田りわ

食べるスキンケアで美肌と健康を手に入れる!美容皮膚科の医師が教える食べて美肌になる糖質控えめレシピ。
これ一冊で美肌になれるレシピBOOKが誕生。くすみ、シミ、肌荒れ(カサカサ肌・敏感肌)や大人ニキビ、たるみなど肌トラブル別に原因と改善策をご紹介しています。各レシピには嬉しい美肌ポイント付き。

詳細はこちら

同じカテゴリの読み物

人気のある読み物

ナチュレライフのお得な定期コースGoodPoint

LINE公式アカウント

\TOP/