ナチュレライフ

ドクター監修

【お医者さんのコラム】血管が若返る!減塩のためにプラスでとりたい8の栄養③

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧の治療や予防のため、「減塩」だけ気にかけておけばいいということではありません。

塩分に気を付けることはもちろん、血管を若返らせる、血液の流れをよくするなどの働きがある栄養素を積極的にとり、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

第一弾・第二弾に引き続き、減塩のためにプラスでとりたい栄養素をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

■第一弾はこちらから→【お医者さんのコラム】血管が若返る!減塩のためにプラスでとりたい8の栄養①
■第二弾はこちらから→【お医者さんのコラム】血管が若返る!減塩のためにプラスでとりたい8の栄養②

<PR>

5年の歳月をかけて完成した究極の生姜シロップ「生姜黒蜜」

減塩のためにプラスでとりたい栄養素

1.サーディンペプチド

血圧を上昇させるアンジオテンシンⅡの生成を抑え、血圧を下げるといわれています。さばやいわしに多く含まれており、缶詰は、できれば汁まで使うのがおすすめです。
(食材例)さば、いわし

2.フコイダン

フコイダンは、水溶性食物繊維の一種で、血管内皮細胞に作用します。血管内皮の酵素(一酸化窒素合成酵素)を活性化させ、血管内皮細胞から一酸化窒素が作られ血管をゆるませます。
(食材例)海藻類(昆布、めかぶ、もずく、わかめ)

 


この記事の監修者

大塚 亮

おおつか医院院長。医学博士。循環器専門医。オーソモレキュラー・ニュートリションドクター(OND)認定医。大阪市立大学医学部附属病院循環器内科、ニューヨーク州 Columbia University Irving Medical Center, NewYork–Presbyterian Hospital、西宮渡辺心臓脳・血管センター勤務を経て、おおつか医院院長に就任。日本内科学会・日本循環器学会・日本抗加齢医学会に所属。

著書:「一生健康サラダ」「脱うつレシピ」「免疫力をあげるレシピ」など。詳細はこちら


関連書籍

「お医者さんが薦めるおいしい減塩レシピ」

著者 大塚 亮

「お医者さんが薦める免疫力をあげるレシピ」や「痩せる朝ごはん」で人気の大塚亮医師の著書第5弾。
現役医師が教える減塩のコツを活かせば、誰でも簡単に美味しく減塩できます。

詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:

タグ:

同じカテゴリの読み物

人気のある読み物

ナチュレライフのお得な定期コースGoodPoint

LINE公式アカウント

\TOP/