ナチュレライフ

ドクター監修

【お医者さんのレシピ】ビタミン・たんぱく質がしっかりとれる「塩豚のサラダおでん」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お肌の疲れを感じたら、鮮やかなカラフル野菜のサラダおでんでビタミン補給!豚肉や大根、にんじん、キャベツには、お肌のターンオーバーをサポートするビタミンB群などが豊富に含まれます。
ビタミンB群やビタミンCは「水溶性ビタミン」と呼ばれる繊細な栄養素で、煮汁に流れ出てしまうためおでんの汁まで一緒に頂くと余さず摂取することができます。
塩豚は前日から一晩漬け込んでおくのがおすすめ。より味わい深くなるうえ、当日の調理の手間も省けます。

<材料>(2人分)
豚肩ロース肉 300g
塩 小さじ2
大根 1/6本
にんじん 1/4本
キャベツ 1/6個
玉ねぎ 1/2個
アスパラガス 2本
ミニトマト(赤・黄) 各2個
さつま揚げ 2枚
A.酒 大さじ3
A.白だし 大さじ2
A.塩 小さじ1

<PR>

 九州産「美長命青汁」手軽に食後の血糖値対策<機能性表示食品>

<作り方>
①豚肉に塩をまぶし、15分置き、4等分に切る。
②大根は3cm幅の輪切りにする。にんじんは縦半分に切る。キャベツは芯がついたまま半分に切る。
玉ねぎは2等分に切る。アスパラガスは根元の硬い部分を切り落とし、半分の長さに切る。ミニトマトはヘタを取る。
③鍋に水1.5L、A、①を入れ、強火にかけ、沸騰したら中火にし、アクを取る。
ミニトマトとアスパラガス以外の具を入れ、弱火で25分ほど煮る。
④アスパラガスを加え3分ほど火を通した後、ミニトマトを加え皮がはじけたら火を止める。

 


この記事の監修者

武田 りわ

タケダビューティークリニック(皮膚科・美容皮膚科)院長。皮膚科専門医。
オーソモレキュラー・ニュートリションドクター(OND)認定医。
「美肌は人を幸せにする」を理念に、西洋医学を基礎とする美容医療に栄養医学を取り入れ、体の外側と内側からのケアを提案している。
肌の老化を治すだけではなく、老けにくい健康な肌作りが得意。日本皮膚科学会・日本臨床皮膚科医会・日本美容皮膚科学会・日本抗加齢医学会に所属。

著書:「美容皮膚科医が教える食べて美肌になる糖質控えめご飯」がある。


このレシピが掲載されている本

「美容皮膚科医が教える食べて美肌になる糖質控えめご飯」

著者 武田りわ

食べるスキンケアで美肌と健康を手に入れる!美容皮膚科の医師が教える食べて美肌になる糖質控えめレシピ。
これ一冊で美肌になれるレシピBOOKが誕生。くすみ、シミ、肌荒れ(カサカサ肌・敏感肌)や大人ニキビ、たるみなど肌トラブル別に原因と改善策をご紹介しています。各レシピには嬉しい美肌ポイント付き。

詳細はこちら

同じカテゴリの読み物

人気のある読み物

ナチュレライフのお得な定期コースGoodPoint

LINE公式アカウント

\TOP/