新型コロナウイルス感染拡大に伴うお電話が繋がりにくい事象について

ナチュレライフ

新型コロナウイルス感染拡大に伴うお電話が繋がりにくい事象について

ドクター監修

【お医者さんのレシピ】カプサイシンで血行促進!免疫力アップにも◎韓国風あまからコールスロー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャベツにはビタミンC、胃粘膜の保護や再生を促すビタミンUがたっぷり!唐辛子の辛味成分、カプサイシンで血行を促進します。
マヨネーズを使わず、ほんのりした甘さとピリ辛さがマッチしたコールスローは、ごはんにもパンにもぴったり!

冷蔵庫で数時間寝かせると、より味がなじみます。食べる直前に韓国海苔をトッピングすると、さらに美味しく食べられますよ。

◆韓国風あまからコールスロー
<材料>(2人分)
キャベツ 1/6個(200g)
にんじん 1/3本(60g)
紫玉ねぎ 1/4個
※玉ねぎでもOK
小ねぎ 2~3本
塩 適量
こしょう 適量
A.ごま油 小さじ2
A.てんさい糖 大さじ1
A.酢 大さじ1
A.しょうゆ 大さじ1
A.にんにく(すりおろし) 1片分
A.粉唐辛子 大さじ2~3
※コチジャン大さじ1でもOK
A.白いりごま 大さじ1/2

★注意
「粉唐辛子」は韓国料理に使われるマイルドな唐辛子です。ほんのり甘みもあり、一味唐辛子とは風味も辛さも違います。
粉唐辛子がない場合は、一味唐辛子ではなく、コチジャンで代用してください。

<PR>

 九州産「美長命青汁」手軽に食後の血糖値対策<機能性表示食品>

<作り方>
1キャベツは千切り、にんじんは長さ5㎝の細切り、紫玉ねぎは薄切り、小ねぎは小口切りにする。
2すべての野菜を大きいボウルに入れ、よく混ぜ合わせたAを加えて和える。塩、こしょうで味を調える。


この記事の監修者

大塚 亮

おおつか医院院長。医学博士。循環器専門医。オーソモレキュラー・ニュートリションドクター(OND)認定医。大阪市立大学医学部附属病院循環器内科、ニューヨーク州 Columbia University Irving Medical Center, NewYork–Presbyterian Hospital、西宮渡辺心臓脳・血管センター勤務を経て、おおつか医院院長に就任。日本内科学会・日本循環器学会・日本抗加齢医学会に所属。

著書:「一生健康サラダ」「脱うつレシピ」「免疫力をあげるレシピ」など。詳細はこちら


このレシピが掲載されている本

「お医者さんが薦める免疫力をあげるレシピ2」

大好評につき、第2弾!
普段の食事で手軽に・美味しく免疫力アップ!医学博士が薦める体の免疫力をアップさせるレシピ。
簡単に作れてがん・ウィルス対策をサポートできる美味しい54品を掲載。
さらに免疫力が低下する原因や原因ごとに状態チェックリスト・摂りたい栄養の解説付き。

詳細はこちら

 

同じカテゴリの読み物

人気のある読み物

ナチュレライフのお得な定期コースGoodPoint

LINE公式アカウント

\TOP/