新型コロナウイルス感染拡大に伴うお電話が繋がりにくい事象について

ナチュレライフ

新型コロナウイルス感染拡大に伴うお電話が繋がりにくい事象について

トレーナー監修

【読むだけダイエット】ダイエットの近道は「水の摂り方」にあった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日何気なく飲んでいるお水。私たちの身体の約60%は水分で出来ています。さらに脳や腎臓、肝臓、筋肉などの臓器や組織中の水分量は80%とさらに多くなります。
今回は、そんな私たちの身体に必要なお水、摂り方を見直すだけでダイエット効果が高まるというお話です。

1日に身体に必要な水は2.5~3ℓです。人によって異なりますが汗やトイレでなどで1日に2~2.5ℓ程度排出されます。体内では水分を保つ必要があるため、これだけの水分を毎日補わなければなりません。毎日の食事で1ℓ程度の水が摂取できるので、飲むべき水の量は「1.5ℓ」程度と言われています。

ではその水分が不足することで身体にはどのようなことが起きるのでしょうか?
まずは「尿の回数」が減ります。老廃物や毒素を体内に溜めこまないためには、便や尿の排泄が重要になります。尿には毒素を排出する働きがあります。尿の回数が少ないことでその毒素が身体の中に溜まった状態になり疲労感が抜けにくく感じたりします。
ダイエットの天敵「便秘」も水分不足が大きな要因になります。
健康な人の便は80%前後が水分です。水の摂取量が少ないと便が固くなりスムーズに移動が出来ずに便秘を引き起こしてしまいます。
これだけではなく血液がドロドロになり血流の悪化、それにより全身の機能が低下します。頭痛や吐き気といった症状も水分不足が原因に。さらに美容の天敵、肌の乾燥も水分不足が原因となります。

そこで水分不足にならないためのおススメの「水の摂り方習慣」をご紹介します。

〇朝一番にコップ1杯のお水を摂る
〇食事ごとにコップ1杯のお水を摂る
〇日中は500㎖~1ℓのお水を飲み切る
〇夜寝る30分前にコップ1杯のお水を摂る

このお水の摂り方が出来れば美容と健康に必要な1日に1.5~2ℓの水を摂取することが出来ます。
一度に大量のお水を摂取しても、代謝しきれずに尿として排出されてしまうのでなるべくこまめに摂るようにしてみてください。
今すぐできる効果的なお水の摂り方で潤いながらダイエットしてみませんか?

この記事の監修者

松川 舞

一般社団法人 日本運動栄養指導者協会 栄養マスタートレーナー
株式会社リプル所属 パーソナルトレーナー

運動指導の現場で、ダイエットのみならず、生活習慣病の予防、基礎疾患のある方など、様々なクライアントのセッションを実施。その中で心身ともに生涯に渡って健康であるためにはより深い「栄養」の介入が必要なものと考え、栄養に対する知識・スキルを高め、「制限ではなく改善」をコンセプトに、個人に寄り添ったヘルスケアを実践している。トレーニング指導に加え、栄養学講師、レシピ考案、企業への栄養コンサルティング、執筆活動も行っている。

パーソナルトレーニングジムRipple(リプル)公式サイト:https://ripple-fukuoka.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:

タグ:

同じカテゴリの読み物

人気のある読み物

ナチュレライフのお得な定期コースGoodPoint

LINE公式アカウント

\TOP/