ナチュレライフ

ドクター監修

【お医者さんのコラム】リバウンドせずにキレイに痩せられる筋トレのすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖質制限でダイエットをするときは、たんぱく質と脂質をしっかりとって筋肉を落とさないようにすることが大切です。

ダイエットに成功しても筋肉が落ちてしまうとたちまちリバウンドしてしまいます。たとえば、糖質だけでなく食べる量そのものを減らしてしまうと、体重は減りますが、筋肉量も落ちて内臓脂肪が増えるパターンに陥る恐れがあります。

健康的に美しく痩せたいのなら、体重を測るのをやめて、たんぱく質をしっかりとり筋トレをするのがおすすめです。

筋肉量が増えると体重は重くなりますが、見た目が引き締まり、基礎代謝が上がります。そうすると、使うエネルギーが増えるので、少々糖質を食べたとしても太りにくくなるのです。

ダイエットには、ウォーキングなどの有酸素運動も有効ですが、ウォーキングでは何キロも歩かないと心拍数が上がらずエネルギー消費が増えません。

効率よく痩せたいならば、肉や魚などのたんぱく質をしっかりとって、筋トレに挑戦してみましょう。筋トレといっても、アスリートが行うようなハードなものではなくても十分痩せられますのでご安心を!

家で行うのであれば、下半身の筋肉を鍛えるスクワットがおすすめです。しかも、椅子からゆっくり立ち上がってゆっくり座るだけでOK。しゃがんで立ち上がる必要はありません。

これならば、家事の合間や仕事の空き時間などにいつでも行えます。1日何回と決めず、思いついたらやってみるといった程度で大丈夫。次第に下半身の筋肉が強化され自然と基礎代謝がアップしますよ。


この記事の監修者

大塚 亮

おおつか医院院長。医学博士。循環器専門医。オーソモレキュラー・ニュートリションドクター(OND)認定医。大阪市立大学医学部附属病院循環器内科、ニューヨーク州 Columbia University Irving Medical Center, NewYork–Presbyterian Hospital、西宮渡辺心臓脳・血管センター勤務を経て、おおつか医院院長に就任。日本内科学会・日本循環器学会・日本抗加齢医学会に所属。

著書:「一生健康サラダ」「脱うつレシピ」「免疫力を上げるレシピ」など。詳細はこちら

関連書籍

「お医者さんが考えた痩せる朝ごはん」

ダイエットの新常識!
朝食の「セカンドミール効果」で1日の血糖値をコントロール。
痩せたい方、糖尿病を気にする方にぴったりの忙しい朝の時間でも手軽に作れる美味しいレシピ71品をご紹介!詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:

タグ:

同じカテゴリの読み物

人気のある読み物

ナチュレライフのお得な定期コースGoodPoint

LINE公式アカウント

\TOP/