Cart

Menu

  • TOP
  • コラム
  • ドクター監修
  • 【お医者さんのレシピ】塩分量1.4g!甘辛でご飯がすすむ!「鶏ひき肉と小松菜の丼」
ドクター監修レシピ

この記事の監修者

医学博士 大塚 亮

2024.01.09

【お医者さんのレシピ】塩分量1.4g!甘辛でご飯がすすむ!「鶏ひき肉と小松菜の丼」

甘辛味の具はごはんとの相性抜群!味付けを均一にせず、鶏ひき肉だけにつけることで使う調味料を減らすことができ、減塩にも繋がります。小松菜は青々とした香りとシャキッとした歯ごたえを残すため、火を通し過ぎないように気を付けましょう。

◆鶏ひき肉と小松菜の丼
<材料>(2人分)
ごはん 2膳分
鶏ひき肉 100g
小松菜 1/4束
しょうが(すりおろし) 小さじ1
しょうゆ 大さじ1
砂糖 小さじ2
ごま油 小さじ1

<PR>

<作り方>
1小松菜は1cm幅のざく切りにする。
2鍋にごま油を入れて火にかけ、ひき肉としょうがを炒める。肉の色が変わったらしょうゆと砂糖を加え、煮詰める。水分が少なくなったら1を加え、さっとまぜてから火を止める。
3 器にごはんを盛り、2をのせる。

関連書籍

お医者さんが薦めるおいしい減塩レシピ

「減塩=薄味」だけではありません!現役医師が教える減塩のコツがわかれば、おいしく簡単にどなたでも減塩が叶います。主菜や副菜、汁ものからご飯ものまで41品を掲載。

この記事の監修者

医学博士

大塚 亮

おおつか医院院長。医学博士。循環器専門医。
オーソモレキュラー・ニュートリションドクター(OND)認定医。大阪市立大学医学部附属病院循環器内科、ニューヨーク州 Columbia University Irving Medical Center, NewYork–Presbyterian Hospital、西宮渡辺心臓脳・血管センター勤務を経て、おおつか医院院長に就任。日本内科学会・日本循環器学会・日本抗加齢医学会に所属。

記事に関連するレシピタグ

同じカテゴリーのコラム

人気のコラムランキング

  • 商品についての記事 新商品の情報
  • お医者さんの健康・美容の記事
  • みるみる健康レシピ

ナチュレライフ Instagram

ナチュレライフ Facebook

あわせ買いでおトク

5,000円(税抜)以上で

送料無料!

選べるお支払い方法